リスクベース設備管理第180委員会

分科会

Top > SubCommittee

一覧

  • SC1:テクニカルモジュール分科会
  • テクニカルモジュールは,損傷モード毎あるいは機器タイプ毎に破損確率評価の手順を具体的に指示するツールである.リスクベースメンテナンスは,理にかなったメンテナンス実施計画を策定するための方法論であり,その技術的合理性はテクニカルモジュールによって担保される.従って,第180委員会の活動においてもテクニカルモジュールの検討は最重点項目の一つとなることから,本分科会を設置するものである.
    損傷モード毎あるいは機器タイプ毎にテクニカルモジュールを提案することを目的とするが,テクニカルモジュールの背景となる技術情報の整理と課題抽出の議論にも重点を置く.

  • SC2:被害・影響度分科会
  • 産業界がリスクをメンテナンスの基準とするメリットは、影響度の評価がスコープに含まれる点にある が、十分な解釈や検討がなされていない。現行の影響度評価手法の理解と実施支援、企業経営や社 会から受容され、技術的論理性も持つ、影響度評価方法の提案、評価に必要な物質データや環境パ ラメーターのデータベース構築を行う。

  • SC3:センシング・モニタリング分科会
  • 設備や構造物のリスクを管理・制御するには装置や構造物で発生する種々の材料損傷や劣化状態、 運転条件を適切に把握し、寿命となる現象の発生可能性を把握する必要がある。そのために、センシ ングやモニタリング技術の活用が重要であり、対象の種類、測定結果からの判断、適用上の注意点、 現状の課題や今後の開発の方向などを明確化する。

  • SC4:導入効果検討分科会
  • RBI/RBMを設備管理に導入することで得られる効果を、化学工業以外の産業分野も含めて明らかに していく。そのためには、現状の設備管理に係わるコストを明らかにし、 RBI/RBM を導入するためのコ ストや、結果として得られるメリットを定量化していく。本TFではこの様なRBI/RBMの導入効果、リスクと メリットの比較などを文献調査やケーススタディを通して評価・検討する。

  • SC5:用語・定義分科会
  • 用語の意味を共通に認識していることが討論の基礎となる.関連分野で使われている基本用語(例;リスク,ハザード)の意味の比較検討.英語の"risk"などと,日本語の「リスク」や「危険」等の違いを考察する.用語について,分野に関わらず共通的な理解と,分野ごとに異なって使われている部分を明らかにする."risk"の概念を理解し,リスクベースメンテナンスに適用する標準的な用語とその定義を示す.

  • SC6:実用化分科会
  • リスクベース設備管理の実用化を促進するための当180委員会の役割について、メンバー(主に企業メンバー)の考えを調査し、平成23年度以降の活動に反映させる。

  • SC7:テキスト編集分科会
  • 本研究会の共通テキストを作成するため,本研究会の成果を取り入れたテキスト化の方向性を検討する.

  • SC8:損傷発生可能性評価分科会
  • リスクを的確に評価するためには、破損発生可能性を適切に評価する必要がある。本分科会では、石油精製プロセスに限定せず種々のプラントや設備で発生可能性のある種々の損傷、劣化現象を対象に、日本独自の検討や知見を反映させた発生可能性評価方法を検討し、統一したフォーマットで公開していくことを目指す。この検討において、センシング・モニタリング技術の活用も合わせて検討する。

Copy Right リスクベース設備第180委員会 Since 2009